免疫力を高める方法を知って健康を維持しよう|健康な体を作る方法

笑顔の男性

病気に強い身体を作る

マスクをする女性

腸内細菌とは

身体が疲れやすくなったり、病気をしがちになったりしたら、それは免疫力の低下が原因かもしれません。免疫力は、人間の身体をウイルスや細菌から身を守る働きのことです。主に免疫細胞と呼ばれる細胞が外部からのウイルスや細菌の侵入を防いでくれます。免疫細胞は、ちょっとしたことでもバランスを崩し、機能をうまく果たせなくなることがあります。たとえば、睡眠不足が続いたり、過度のストレスのかかる環境で過ごすなどです。身体をより強くすることは、何より健康のために不可欠なことです。そんな免疫力を高めるためのキーワードとして、腸内細菌というのを覚えておきましょう。なぜなら、人間の身体に住んでいる免疫細胞のおよそ7割が腸内にいるとされており、腸内細菌を鍛えることがまさに免疫力を高める最も有効な手段となるからです。

腸内細菌を増やす

免疫力に関わる腸内細菌は、腸内に生息する免疫細胞を絶えず鍛えてくれています。免疫細胞は腸内細菌に鍛えられることで、たとえば鍛えられた鉄が衝撃に強くなるように、免疫細胞もその力を増大させることができます。そこで、そんな腸内細菌を増やすことができれば、あわせて免疫細胞を鍛えることにもつながり、ひいては免疫力を高めることにつながるということがわかってきます。たとえばヨーグルトなどの乳製品は、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含んでおり、腸内に直接働きかけることで、腸内細菌を増やすことに効果があrとされています。また、チーズや漬物などの発酵食品にも乳酸菌が豊富に含まれ、腸内細菌にとって良い栄養になるでしょう。腸内細菌が増えれば、それだけ免疫力が高まっていくはずです。

Copyright© 2015 免疫力を高める方法を知って健康を維持しよう|健康な体を作る方法 All Rights Reserved.